2018年05月27日(日)

植物博士

こんにちは。暑い日が続いていますが、体調崩していませんか?

先日「よしずを取り付けるフックの相談がしたい」とご連絡いただき、

昨年末に見学会を開催させて頂いた「逗子市 Y邸」に久しぶりに伺いました。

庭先には少しずつ植物が植えられ、お子様が走り回り、

楽しそうで快適な暮らしぶりをお聞かせ頂き、話に花が咲きました。

Y邸→http://kagatuma.co.jp/design/2017/12/

大開口をもつ吹抜も、大きく出した軒と風通しの良い窓配置、蓄熱暖房機で

とても快適に過ごせているとのこと。

冬は日差しを大きく取り込み、夏場は大きな軒で日差しをカット。うまくいきました。

+αで西日を遮りつつ、室内に木漏れ日が入り込むように植栽の追加なども相談しました。

ふとキッチン脇に目を向けると、中庭に植えられている「アオハダ」「もみじ」「ジューンベリー」の

お子様お手製の標本を見つけました。

こんなふうにリラックスして楽しそうに暮らしている様子が伺えると、とても嬉しく、励みになります。

 

さて、現在担当物件は着工ラッシュを迎えております。

先日上棟した大磯 T邸バランスよく組めた寄棟がきれいです。

2階リビングで寄棟勾配天井の、コンパクトですがおおらかな空間になります。

敷地調査の際に目をつけていた、近隣の緑などがしっかりと窓で捉えられていることを確認。

これからサッシが取り付けられていきます。現場が進んだらまた報告します。

高宮