facebook

明るい陽射しと、
爽やかな風に包まれて。

出迎えてくれたのは、柚羽(ゆずは)ちゃんと奏丞(そうすけ)くんの仲良し姉弟。さんさんと光が射し込むリビングダイニングが、ご家族の自然体の暮らしを育んでいます。風が通り抜ける気持ちいいリビングに一度腰を落ち着かせてしまうと、帰りたくなくなってしまう。ゆったりとした時間が流れる古賀邸で、ご夫妻からお話を伺いました。

素足のままが気持ちいい

古賀さんご一家の暮らしの中心は、明るく開放的な1階のリビングダイニング。外の緑に面してワイドに設けられた開口部から、やわらかい陽射しが部屋いっぱいに降り注ぎます。ダイニングの上部は吹抜けになっており、2階からの光もキャッチ。部屋の四方にも大小の開口部があるため、光の死角がありません。当然ながら、風通しも抜群です。

クーラーの風が苦手というご夫妻の希望でエアコンはありませんが、山からの爽やかな風が通り抜ける古賀邸は、夏の猛暑も“どこ吹く風”。冬も「底冷えするような寒さがなく、家の中が自然にあたたかいんです」と奥さまはにっこり。その秘密はOMソーラーにありました。「足元から優しくあたためてくれるので、真冬でもウチはみんな裸足のまま。換気しなくても、きれいな空気が家中をめぐっているのを感じます」。

夢も希望もワガママも詰め込んで

 
「無垢の木」と「OMソーラー」が、ご夫妻の家づくりの出発点。そのふたつの条件を満たしていたのが加賀妻工務店でした。葉山の地形や環境を知り尽くしているという点も、大きな決め手になったといいます。

「やりたいことがたくさんあった」というご夫妻にとって、「こちらの夢も希望もワガママも、決して否定することなく聞いてくれた」、という加賀妻工務店は最高のパートナーだったといいます。

「もちろん予算の関係もありますから、すべてが思い通りになるわけはありません。それでも、最後の最後まで言いたいことを言わせてもらいました。結局は、最初に引いてもらった図面に近いものがいちばんいいということで落ち着きましたが(笑)。お互いのアイデアを出し合って、よりよい家にしていくことができました。妥協は一切ありません」。



 

葉山の自然の中で、のびのびと

  OMソーラーの効果で冬も暖かい住まいは、仕切りが少なく、柚羽ちゃんと奏丞くんには、最高の遊び場になっています。引戸の開閉部は基本的に開けっ放しだそうで、家中を駆けまわるやんちゃな姉弟を横目に、ご夫妻はLDでのんびり。姿が見えなくても、気配まで見失うことはありません。ちゃぶ台が置かれた畳敷きのリビングは、ついついごろんと横になりたくなる気持ち良さ。フラットに繋がるウッドデッキは、アウトドアのもうひとつのリビングです。ちゃぶ台を出して食事したり、ご友人を招いてBBQを楽しんだり。葉山の大自然の中で、のびのび楽しく暮らすご家族の姿が印象的でした。「よく、『家は3度建ててようやく満足できる』と言いますよね。私たちは1度目で大満足の家づくりができました」。

住まいのギャラリー



●取材・撮影 有限会社さくらがおか

pagetop