facebook

時間とともに味わい深まる家で、
家族の歴史が刻まれていく。

玄関前には、柿の木と季節の野菜を植えたミニ畑。風光明媚な大磯の自然に寄り添うように建つK氏邸は、家の中も自然素材のぬくもりでいっぱいです。リビングからフラットに繋がるウッドデッキでは、ちゃぶ台を置いてごはんを食べたり、お子さまがプールで遊んだり。暮らしの楽しみが広がる住まいはどのようにしてできたのか、ご夫妻からお話を伺いました。


木のいい香りが日常に

上部を吹抜けにしたリビングは開放感たっぷり。ハイサイドライトから入る光が、自然素材に彩られた1階・2階の空間を明るく照らします。床だけでなく壁にも用いた杉板は、「引っ越し当初よりも色が落ち着き、味わい深くなりました。毎日暮らしていると慣れてしまいますが、旅行から帰った時などは家中にいい香りが漂っていることに気付きます」とKさん。LDにはペレットストーブを設けましたが、断熱性の高い住まいは冬でも暖かく、「あまり活躍の機会がなくて」と笑います。

「家守り」の思想に共感

デザインだけでなく、構造もしっかりとした家を。「いい大工さんがいる会社にお願いしたい」と考えたご夫妻が選んだのが、加賀妻工務店でした。「つくりは重厚で、デザインにはどこか色気がある。また、アフターメンテナンスにも気を配る『家守り』の思想を知り、こことなら長くお付き合いできると思いました」。自然素材の質の良さも、決め手のひとつとなったそう。「モデルハウスや新築の家に行くと、頭が痛くなることがあるんです。でも、加賀妻の家なら大丈夫でした」と奥さまはにっこり。

1階だけでも暮らせるバリアフリーの家

将来を見据えて、住まいは完全バリアフリーに。玄関から和室、洗面・浴室への動線もよく、車イスでも通りやすいよう扉は全て引き戸にしました。「いずれ1階だけでも暮らせるようにと思って、生活に必要な空間はすべて1階に配置しています」。LDや和室からフラットに繋がるウッドデッキは、アウトドアリビングとして活躍中。玄関ポーチと繋がっており、外から直接出入りできます。「これからの楽しみは庭づくり。芝生の手入れをしたり、ミニ畑で野菜を育てたり。自分たちで、家をもっと快適にしていきたいですね」



住まいのギャラリー






●取材・撮影 有限会社さくらがおか

pagetop