facebook
所属団体

素材の質感 光と風を活かす

自然素材を使った造作のオリジナル空間に一新

加賀妻工務店のリフォームの一つの特徴は、扉や収納、キャビネットやキッチン周りなどにも自然素材の造作を提案できることです。
そもそも、加賀妻工務店の家づくりは紀州のブランド材である山長商店の柱や梁を大胆に用いるなど、自然素材の質感と温もりのある大工の手技を大切にしてきました。その思いはリフォームにも息づいており、ベテラン大工の棟梁をはじめ、職人もその道のプロが、五感に心地いい空間づくりに取り組んでいます。
板張りの天井や漆喰・珪藻土仕上げの壁、無垢の縦格子など、日本建築の美しさを再現することができます。安らぎに満ちた空間提案……それが加賀妻工務店のリフォームです。

パッシブ設計のノウハウで冬暖かく暮らす工夫

加賀妻工務店は自然の力を活かしたパッシブな暮らし方を提案してきました。その一つが、太陽熱と空気を利用して床暖房や換気、給湯を行うOMソーラーという考え方であり、20年以上にわたって住まいづくりに取り入れてきました。
そのパッシブ設計のノウハウはリフォームにも受け継がれており、光や風の通り道を作り出し、夏涼しく冬暖かい家づくりに生かされています。結露やカビなどの発生も防止。また、部屋ごとの温度差も無くなり、急激な温度変化で体に悪影響をもたらす、ヒートショックも防ぐことが可能です。

風が通り抜ける夏涼しい住まい

パッシブ設計の提案では、例えば夏の暑さを和らげる工夫として、北側に地窓を設け、南側に天窓を設けて、温度差による風の通り道を確保するという手法があります。地窓から冷たい空気が入ってくると、部屋の中で暖められた空気は天窓へと抜けていくという原理が応用されています。 涼しくなるのは1℃か2℃かもしれませんが、エアコンで強制的に涼しくする必要はそれでなくなるでしょう。また、地元で活躍する職人や設計士がリフォームを担当するため、その土地特有の季節ごとの風の吹き方や光の差し込み方などを熟知していて、最適な窓の配置なども提案できるのが強みです。

pagetop