facebook
リノベーション

不動産売買のパートナーとして

見えないところも検査する工務店を有効活用

リフォームを前提に中古物件を探す際は、当社のような専門的な知識を備えた建築会社を活用するとよいでしょう。構造や接合部分など、外からでは見えない部分にも気を配って点検するため、安心して暮らすことができます。
これは中古不動産の売買を行う不動産会社にも当てはまります。不動産業界では、少子高齢化などにより中古物件の増加が予想されています。中古物件のリフォームパートナーには、内装をきれいにするだけの業者はお勧めできません。その物件に瑕疵が見つかると、仲介業者の責任が問われます。不動産業者には、物件を検査する義務があるからです。
そこで提案したいのが、耐震性能などを検査する資格を備えた工務店などとパートナーシップを結ぶこと。たとえば、当社には耐震診断士の資格を持つ一級建築士が在籍しており、耐震診断に関する経験も豊富です。

資格を有する専門家が住宅検査や耐震診断を行う

中古物件を販売するときは、資格を有する専門家が住宅の検査や耐震診断を行う、当社のような会社とパートナーシップを結ぶのが有効です。当社に在籍するスタッフが保持する、中古物件の取り扱いに関連する資格は以下の通りです。

●建設業許可/建設工事を請け負うのに必要な許可
●一級建築士事務所/一級建築士が在籍し、建築の設計や監理・調査・鑑定、法令に基づく手続きの代理等を行う事務所
●既存住宅現況検査技術者/中古物件の検査方法や関係法令等に関する幅広い知識を身に付けたことを証明する資格
●瑕疵保険検査会社登録/住宅瑕疵担保責任保険法人に登録された事業者で、保険事故(欠陥住宅)が多数発生した検査機関は登録を抹消されます ●耐震基準適合証明書発行/この証明書を取得すると、住宅ローン減税以外の税制でも軽減を受けることができます
●フラット適合証明技術者/フラット35(中古住宅)などの融資希望者の依頼に基づき、その物件が住宅金融支援機構の基準に適合しているかどうかの判定業務を行う
●既存住宅アドバイザー/既存住宅流通事業を営む上で必要とされる知識を身に付けたことを証明する資格

pagetop