加賀妻仕様の現場技術・図解
交換ができる配管
過去、配管は建物から地中を通って外部に結ばれていました。現在建物の基礎は100%に近くベタ基礎になっているので、ベース下を通していると、何十年後に排水菅が劣化した時に交換するため、基礎を壊さないといけなくなります。また最近では、配管とコンクリートのわずかな隙間からシロアリが入る事例も見られるようになっています。その理由で当社では、ベース上で配管を外に出す工法にしています。外側はボッコと配管が立ち上がっていますので、おかしいと思われるかもしれませんが、将来きっとやっておいて良かったと思う日が来ると思います。ただ、狭小地で通路が確保できない時のように、オプションで排水管スリーブも施工可能です。給水菅の方は、外部から1本で引き込み、内部で枝分かれし水栓まで継ぎ目なしのヘッダー配管方式を採用しています。今では珍しくない、水漏れのリスクが少ない方法ですが、当社ではいち早く採用してきた経験と経緯があります。