加賀妻仕様の現場技術・図解
野地板

野地板とは、屋根の仕上げ材の下地に使用されています。垂木の上に貼ります。なるべく無垢材で家を建てることが私たちの願いです。その中で野地板も杉の荒板を使用しています。合板と違い、吸放出に優れています。また直射日光が当たる屋根は、真夏には80度近くまで温度が上がります。温度が上昇すれば、毒性の強い有機化合物のホルムアルデヒドが大量に発散されます。
ホルムアルデヒドなどの有機化合物は空気より軽いため、室内に取り込まれる危険性もあります。