加賀妻仕様の現場技術・図解
異形鉄筋とフック
通常どこの家でも、鉄筋には凹凸な溝がある鉄筋を使います。これを異形鉄筋というのですが、この場合、住宅ではフックを付けなくても良いことになっています。付けることにより、鉄筋と外部に触れる厚みの基準が取れなくなるからです。
当社では、基礎の幅が150mmあるので、フックを付けてもかぶり厚が確保でき、なおかつ強固な基礎になります。