加賀妻仕様の現場技術・図解
基礎一体打ち
通常、基礎はベース部分と立ち上がりを2回に分けて打つのが常識となっています。しかし、打ち継ぎの部分の強度不足、その部分からの建物内に浸水などの問題や、シロアリの侵入など考えられるのと、どうしても打ち継ぎ部分が汚くなり、基礎後、左官屋さんによる基礎の刷毛引きを行うメリットとしては、基礎の中性化を遅らせる効果がありますが、強度を増している当社としては問題は少ないと思います。それよりデメリットの方が多くなります。刷毛引きは、雨や湿気などで水を吸い込むことが多くなり、基礎と刷毛引きの間に隙間ができ、そこからはシロアリの格好の通りとなります。そこで打ち継ぎがない一体打ちがベストです。技術が必要なため、まだこの方法の基礎を施工する業者が少なく、レベルが高い業者さんが足りない状況です。当社では確実に行ってくれる基礎屋さんにお願いしています。