加賀妻仕様の現場技術・図解
プレカット
構造は軸組工法を行っています。昔ながらの大工さんが何日もかけて加工場で墨付け刻み加工する方法と、コンピューターに管理された機械での墨付け加工のプレカットがあります。一長一短はありますが、プレカットは間違いも少なく施工精度も非常に高いです。(手刻みの場合、間違えもあり、直すことに時間がかかったり、わざと建てやすく簡単に加工したり、そのために継手や仕口が隙間だらけなどあったそうです)
プレカットの場合、上棟までの大工さんの工期が読めます。木と木の組み合わせ部分を、継手、仕口と言いますが、大工さんの加工はどうしても四角四面になり、その部分に力が加わるとひび割れや座屈が起こりやすくなります。プレカットの場合では、継手や仕口が丸く加工できます。上棟式やその後に割れることは少なくなります。プレカットを行うまでは、産地直送先の、山長商店のオペレーターと何度も打ち合わせを行います。