2017年12月09日(土)

来週、再来週は見学会です!!

こんばんは。
随分と日が落ちるのが早くなってきました。

来週日曜日(17日)と再来週日曜日(24日)にはお客様のご厚意で完成見学会
を開催させて頂きます。
近日中にパンフレット送付、ホームページアップ致しますのでぜひご参加ください。

高宮が担当しております、24日見学会の逗子・Y邸の現場は内装工事も終わり、
大工さんが外部デッキ、バルコニーの工事を進めています。
シンプルで合理的な構造とプランの中に、生活しやすい回遊動線や、広がりを得る吹抜け、
奥様こだわりの造作キッチンなどみどころが多い物件です。

Ytei外観ブログ

道路より一段高いため、道路や南側隣家と目線が合わずプライバシーを守りながらも
開放的な暮らしが実現しやすいです。
気持ち良い眺めと同じか、それ以上にどう遮るのかが生活にとって、とても大事なことです。

Yteiバルコニーブログ

2階バルコニーからは近くの山を見ることができます。眺めがよく、天気の良い日は気持ちのよい朝を迎えられます。

Ytei内観ブログ

ソファーからの眺めです。
L型ソファの角からは斜めに目線を抜かして山を望みます。
目の前のお宅が立派なお庭をお持ちで、かつ距離と段差があるので、景色をお借りしています。しかもほぼ平屋。隣地との位置関係がおおいに開口部に反映されます。
吹抜けの窓からは冬の日だまりと空を見上げることができます。
深く軒を出していて、夏の入れたくない日差しや窓の汚れ防止をコントロールしています。
障子が入るとまた雰囲気が変わってきます。

土地を検討中の方も道路より一段高い家のメリットと気をつけなければならない点など、
参考になることが多いと思いますので、ぜひご参加ください。

YNtei内観ブログ
横浜都筑のY邸ではお客様と電気配線打ち合わせのあと
有川大工さんと構法や家具工事の打ち合わせ。
こちらも大工さんのおかげで丁寧に、順調に進んできています。

高宮

2017年11月14日(火)

大工さんの手仕事 -鴨居編-

こんばんは。食べ物のおいしい季節ですね。設計の高宮です。

逗子小坪のY邸です。今日は「見せ場」の工事に入っています。
リビングダイニングの横に走る6mを超える巨大鴨居を取り付けています。
障子が4枚走る持ち出しの鴨居。調整も大変です。
丁寧に、丁寧に設置のための段取りを組みながら、仕上げていきます。

IMG_1976

IMG_1987

IMG_1992
片側がある程度完成です。もう片方もこの後取り付けました。

お施主様と歳が近いこともあり「こばちゃん」と呼ばれている小林大工さんの
仕事です。
「ここはこの家の見せ場でしょ。大変だけどやりがいあるわ。」と言いながら
ただ木を加工して取り付けるだけではなくて、
廻りの化粧材に傷がつかないように。
水平垂直がビシっと決まるように。
きれいに丁寧に納めてくれています。

家の「見せ場」など、設計意図を意識しながら作業してもらえ、
現場の進む中でもより良く仕上げていけるよう、あれこれ相談しながら作り上げていけるのも常用の大工さんを抱える設計施工の工務店の強みです。

大工さんや他の協力業者さん、監督さんには計画中の段階から色々と相談に乗ってもらい、
現場に入る前段階からスムーズに工事が進むよう、
仕上がりがきれいになるよう、後々のメンテナンスに至るまで
アドバイスをもらいながら計画も進めていっています。
これも設計施工の工務店の強みですね。

来月末のお引き渡しに向けて木工事ラストスパートです。
お施主様のご厚意で、年末(クリスマスくらいを予定してます)には見学会も行わせて頂く予定ですので、
ぜひ小林大工さんの手仕事を見にいらして下さい。

高宮

2017年10月03日(火)

仮植-横浜市都筑区Y邸-

仮植(かしょく)の立会に、横浜市都筑区のY邸に行ってきました。
南と東に建物が迫っていることもあり、南東の角にはひだまりを取るため
建物の奥行きを抑え、なるべく大きくとったメインの庭があります。
敷地全体使い倒すために、T字の建物で南東にメインの庭、
南西にアプローチと坪庭(物干しデッキ付)が設けられる計画です。

T字で建物を計画してあるので、竣工後に西側道路から南東の庭へ樹木を持っていく場合、
建物上を通過することになり、植樹自体がとても困難になりますし、
樹種選定にも制限が生まれてしまいます。

そのため、基礎完成の後、メインの庭に樹を「仮り植え:仮植」しておく段取りとしました。
このようなケースもありますので、建物の計画段階で、快適に暮らすため
どこにどのくらいの樹を植えたいか。
また、植えることが可能なのかを考えることはとても重要です。

今回は隣家からの視線を遮るプライバシーのため、強い東西の日差しを和らげるため、
四季を感じたり、見て暮らしを楽しくすることを念頭におき、木の位置や本数、樹種を選定してあります。
今回お世話になるのは逗子、葉山を拠点として造園設計、施工をされている
NAYA設計室さんです

kasyoku
ユニック付きのトラックにて運び込まれます
左下に見える基礎の部分まで建物が来るので、今回の計画段取りとなりました。

kasyoku4
大きな穴を掘っておき、木を運び込みます。テキパキ仕事が運んでいきます。

kasyoku2
仮植しているところです。

kasyoku3
仮植完成です。

一番手前が梅。真ん中後方がメインとなる枝ぶりが良い木蓮。左後方がみかん。
木蓮とみかんはある程度の位置決めをしました。
左手前がサルスベリ。右奥がキンモクセイです。
これらの他に坪庭にはもみじが植えられる予定です。
四季折々の色の花や紅葉、匂いまで楽しめる庭になりそうです。
いつも計画を考える際、お隣のお庭の借景などを取り入れさせて頂くことがありますが、
こちらからもおすそ分けして、ご近所づきあいにも一役買えれば幸いです。
最終的な配置決めは建築工事の最後になります。お楽しみに。

高宮

2017年09月30日(土)

柳島海岸の現場

柳島海岸の現場が完成に向かっています。
こちらは『借家』として使用されます。
住宅地ですが、敷地に余裕を持たせており、日当たり抜群で、茅ヶ崎の海まで歩いて行ける立地です。
借地ですが、一部、柱・梁を表しにし、天井を杉の板張りにしたりと、他の賃貸の住まいではなかなか無い造りになっております。
S__6955056_640

S__6955063_640
代田

イベントのお知らせ
10月8日(日)平塚市大神 U邸 構造現場見学会

10月22日じっくり派の為の家づくりセミナー


11月18日(土)第2回加賀妻ひろば ~現在企画検討中!~
前回の様子
IMG_4716_640IMG_4749_640IMG_4707_640
おたのしみに★

2017年09月29日(金)

ただいま施工中-逗子市小坪の現場-

こんばんわ。

今日は昨日の天気がウソのように気持ちのよい天気でした。
海ではたくさんのウィンドサーフィン、ヨットが出ていました。
逗子市小坪に建築中の現場に階段などの納まりの打ち合わせです。

yteigaikan

大工さんはリビングダイニングの床を張っている所。
片引の4枚障子が納まるので事前打ち合わせの内容通り、
床と敷居が無理なく納まっているか、大工さんと他の様々なケースなども確認しながら打ち合わせ。
加賀妻では基本的に専属の大工さんと協働しているので、
こういった話し合いの中で、技術の積み上げをし、より良い方法をブラッシュアップしていくことができます。

yteigaikan2

外部の方も「あらし」と呼ばれる外壁の下地が進んでいます。
隠れるところも丁寧に。大棟梁がお手伝いに来てくれていました。

少しづつ現場が形になってきました。
年末お引き渡しに向けて気を抜かず頑張ります。

おまけ。
現在、検討中の模型です。
お客様にプレゼントしたりする模型とは別に、設計検討のために模型を作ることがあります。

mokei1

今回は中庭の柱の位置が悩ましく、模型にて検討してみました。
検討用のためダンボールのハリボテ感満載です。
こんなぱっと作った模型でも、計画の役に立つことが多いです。
検討する方法にも工夫が必要です。

高宮

2017年09月04日(月)

雪ノ下の現場

鎌倉市雪ノ下の現場が完成です。
外壁は黒のガルバリウムです。
建物がコンパクトなので圧迫感なく周囲の緑の中に建っています。
狭小地の為、建蔽率・容積率共にめいいっぱいに建て、
斜線制限が厳しいので建物自体はそれ程高くは有りませんが、
勾配天井にし大きい欄間のFIX窓を付けるなど、開放感を出しています。
IMG_5349_512

IMG_5344_512

IMG_5347_512

造作キッチン。
ステンレスのオープンキッチンです。
奥行950 長さ2550
普段キッチンパネルやタイルを貼る事が多いコンロ脇の壁は今回はカウンターと同じステンレスです。
IMG_5336_512

おつかれさまでした。
代田

2017年08月27日(日)

横浜市都筑区の現場と茶室

横浜市都筑区 Y邸現場が始まっています。
鋼管杭の施工が終わり、基礎工事が着工しています。
→施工レポートhttp://www.kagatuma.co.jp/BlogRepo/category/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E9%83%BD%E7%AF%89%E5%8C%BA%EF%BD%99%E9%82%B8/

写真のようにT字型にして、通風と日照を確保しつつ、まとまった広さを持つプライバシーの確保された南東庭と、南西の物干しデッキに面した坪庭がある計画です。
北側は公園になっており、南北に気持ちよく風が抜けていくように計画をしました。

Yteimokei
南側よりみると

まだまだ厳しい残暑が続きますが、基礎屋さんが頑張ってくれています。

夏季休暇を利用して、GINZA SIXの設計者である谷口吉生さんの茶室を見る機会がありました。
深い軒と庭につながる大開口が気持ち良い建物でした。

美術館設計がとても有名な方ですが、和風建築も落ち着きがありながらも開放的で
とても気持ち良い建物でした。
突然伺ったにも関わらず、内部をご案内してくださった施設の方、ありがとうございました。

taniguchi1

taniguchi2

taniguchi3

taniguchi4

taniguchi5

高宮

2017年07月31日(月)

松田町の現場

今月上棟しました松田町K邸『山並みに調和した切妻の二世帯住宅』です。

長期優良住宅です。

軒を深く出し、シンプルな切妻屋根とし、のどかな周囲の景観に馴染むようにしています。

無垢の杉材を柱・梁に使用し、構造計算をして耐震等級3を確保しています。

IMG_5194_400

IMG_5189_400

 

こちらの現場の構造見学会を8月6日行います。

完成後は隠れてしまう大事な構造部分をじっくり見て頂く事ができます。

ぜひご参加下さい。

詳しくはこちらからお申込み下さい

代田

 

2017年07月31日(月)

スケッチでイメージを伝える

こんばんは。いつのまにか7月も終わり、暑い日が続きますね。

今日は打ち合わせ時によく登場するスケッチのお話を。
お客様との打ち合わせ時にイメージ共有のため、スケッチを書くことが多いです。

YNtei2

家具をどんなものにするかとか
今の計画が中々イメージできなくてとかのご要望を頂き、
某メーカーさんのようにくるくる視点を変えることができる3Dは作れませんが、
こんなスケッチや模型を元にイメージを共有して
最終決定をしていきます。

Yteisuketti2

2階の天井の形を検討するためのスケッチ

Yteisuketti1

真壁なので、柱梁の見え方や部屋の雰囲気を確認するためのスケッチ

この他にもブログに載せることができないような、
監督と共有するための走り書きスケッチや
自分の中で整理するためのスケッチをたくさん書きます。

3D画像と違って「考えながら」鉛筆を動かすことで
より良い改善点を発見したり、アイデアがジャンプできたり、
手作り感でお客様に喜んで頂けたり。
メリットはとても大きいなぁと思っています。

Yteikiso

写真は2,3枚目スケッチの逗子市Y邸の基礎です。
こちらのリビングダイニングは柱、梁が室内に見えてくる「真壁」という
作り方をして行きます。上棟まではもう少し。

暑い日が続きますが、現場も気を引き締めて進めていきます。
施工レポート→http://www.kagatuma.co.jp/BlogRepo/category/%E9%80%97%E5%AD%90%E5%B8%82y%E9%82%B8/

高宮

2017年06月30日(金)

座間の現場

今週お引渡しをしました座間のM邸です。
先週は見学会をやらせて頂きました。ありがとうございます。

南側にリビングと和室をまたぐ約4mの大開口を設け、障子は左右に引き込めるようになっています。
IMG_4919_640

IMG_4916_640

プランをするうえで多いご要望のひとつに「スタディーコーナー」があります。
家族みんなの共有場としてお子様が勉強したり、パソコンスペースとして使われます。
特に、お子様がいらっしゃる家族に多いご要望の一つです。
こちらの住まいはLDKから続く空間にあります。
リビングからはちょっと奥まっているので、家族がテレビを見ていてもそれほど気にならず、
しかしキッチンから目の届く位置にあるので、お母さんがお料理をしながら、学校から帰って来たお子様が勉強しているのが見える配置となっております。
子供室はそれほど広さは取らず、その分こういった共有スペースを設け、
家族がつながる空間をつくっています。

IMG_5103_640
カウンターの材料を床材(杉 厚30㎜)で造りました。
IMG_5129_640
スタディーコーナーからキッチンを。

代田