2017年07月19日(水)

床に落ちてました…。

こんにちは経理部の妹尾です。

夏がやってきましたね。加賀妻青空市場(仮称)にも夏野菜がならびました。

枝豆にトウモロコシ、スイカに冬瓜‥(嬉)

社員さんの奥様の家庭菜園の域を超えた有機野菜農園のお野菜!

これまでの売り上げで電動の汲み上げポンプを購入出来たと喜んでくれました。

ポンプのおかげで野菜のバリエーションを増やすことができるらしいです(^_^)

秋の収穫が今から楽しみです。       ↓ これは私の庭の有機無農薬果物デス

IMG_8970 IMG_8921

IMG_8956

↑ 久しぶりの登場!自称看板犬ハナコです。毎日暑いのでヒンヤリとした気持ちのいい

天然木のフローリングの上に転がってます、いや落ちてます(笑)

床のベタベタ感がないので裸足が本当に気持ちいいです。

 

今週末、本社事務所にてセミナー開催いたします。7/23(日)

皆様是非いらしてくださいね。予約お待ちしております。

KEIKO

 

 

 

 

2017年07月15日(土)

雨戸用木製敷居の修繕

築40年住宅の雨戸用木製敷居を修繕しました。

古い住宅の雨戸用敷居は木製のため、劣化して走りが悪くなります。

DSCN0512_640

既存敷居溝を深く彫り直します。

DSCN0519_640

深く彫った溝にアルミのプレ-トを埋め込みます。

DSCN0514_640

最後にビスで固定して完了です。

DSCN0522_640

雨戸の滑りも良くなり開閉が楽になります。(中山)

2017年07月07日(金)

ウッドデッキ改修工事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
歩くのも危険な状態です

古い新築OB宅、ウッドデッキ(レッドシーダー製)が腐食しセランガンバツーのような硬い材にしようか、メンテナンスを考えて人口木にしようかと
ご提案しました。結果、人口木デッキLIXIL樹ら楽ステージで工事となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新しく独立基礎を設置しデッキ材も取付けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スノコの形状は、この様な中空であり丈夫です。幕板で隠します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
束、根太ともにアルミ型材です。これではシロアリも歯が立ちません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
庭に、下りるステップも付きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
手摺も付いて完成いたしました。遠目には普通に木材に見えます。

人口木材とは言え、安くはありません。しかし、2倍もてば元は取れると思います。

横内

2017年07月05日(水)

一日でできる玄関ドアの交換

最近枝豆を育て始めました。

夜な夜な枝豆の葉っぱを食べてるナメクジを箸でつまんで塩水に浸ける。。

それが日課になっている土屋です^^

 

先日の現場です!

木製の玄関ドアの交換工事を行いました。

検討中の方は是非参考にしてください^^

20170605_151153_320  20170703_143649_320

↑こちらが既存のドアです。      ↑こちらが新しいドアです。

既存の枠に新しい枠を被せて取り付けますので、周りを壊さず一日で工事が完了するのです^^

20170605_151128_320  20170703_143355_320

↑ 既存 室内から        ↑ 施工後 室内から

20170605_151124_320 20170703_143719_320

↑既存 足元はこんな感じ     ↑ 施工後 違和感ないですね

古い木製のドアは元々鍵が一箇所のみで、追加して2個目の鍵を付けている

場合が多いです^^その場合は上と下の鍵が違う鍵になってしまうのでちょっと

不便を感じている方も多いです。

最近のドアは元々上下2箇所に鍵が付いているので

一本の鍵を持てば良いので何気に喜ばれています。

 

これから暑い夏がやってきますね!

皆様、ご自愛ください ♪

 

YURIKO

 

2017年06月30日(金)

屋根

長年住んでいる住宅では屋根が老朽化してきて地震に弱い等様々な問題が出てきます。
屋根が老朽化してくると雨漏りの可能性が一気に出てきます。雨漏りしてくると最終的に、家が水浸しになってしまいます。そして気を付けておいてほしいのは、雨漏りによって住宅の建材などが濡れてしまいうと腐ってきたりします。
それが何年も放置され続けると住宅が劣化し、建物倒壊の危険性が出てきます。そのようにならないように、気になり始めたら屋根のリフォームを検討することをおすすめします。

 

ふき替え工法

この工法の内容は屋根材の下地も一緒に撤去して、新たに下地から施工し直すというものです。
このリフォーム方法は屋根自体を丸ごと替えるので屋根の耐久性が上がり寿命が延びます。また下地からやり替えるので地震対策にもつながります。

 

カバー工法

この工法の内容は、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねて施工するというものです。既存の屋根材の傷みが進行していなければこの工法を行うことができます。瓦屋根などの重量感のある屋根材にはより重くなってしまいますのでこの工法は向いていません。
このリフォーム方法は既存の屋根材を撤去せずに行いますので、コストが安く、施工期間も短く済みます。また下地の補修を行いませんので、耐久性については現状のままになってしまいます。

 

屋根の老朽化による被害はほっておくと大変なことになります。リフォームの内容も、屋根の状態により選べますので、リフォームを検討中の方は、まず現状の状態を把握するようにしましょう。

お気軽にご相談下さい。

 

加賀妻英樹

2017年06月30日(金)

お得意様 ビューティ サロン カミー

先日、いつもお世話になっているお客様『ビューティ サロン カミー』へ

IMG_2203

おトイレが、壊れたとのことで納品しに行って来ました

いつも、子供の髪をやってあげるから連れて来なさいと声を掛けて頂いたので

その日は、土曜日だったため学校が、休みな息子も連れて行きました

雑誌から髪型を選びカットしてもらい

本人も大変気に入りかっこよく仕上げてもらえたので感謝です!

IMG_1603

IMG_1609

IMG_1618

着物の着付けも出来るので七五三や成人式など皆さん如何でしょうか

この道、一本!

トップスタイリスト暦、何十年の大ベテランですので、とてもおススメです!

 

usk

 

2017年06月27日(火)

水場廻りバリアフリ-リフォ-ム

浴室・トイレ バリアフリ-リフォ-ム工事施工しました。右半身不自由な方が使用します。

既存浴室

DSCN7873_640

リフォ-ム後浴室

床の段差改修・手摺り取付を行いました。

入口手摺りは、引き戸のため、床・天井で手摺りを固定しました。

DSCN0489_640

浴室内部も要所に手摺りを付け使い勝手を良くしました。

DSCN0491_640

DSCN0492_640

DSCN0494_640

既存トイレ

DSCN7866_640

リフォ-ム後トイレ

DSCN0497_640

洗面所・トイレに冷暖房設備を設け、夏・冬の室温管理にも配慮しました。(中山)

 

2017年06月14日(水)

夜な夜な~(^_^)

こんにちは。経理部の妹尾です。

最近、夜な夜なシフォンケーキを作っております(笑)

先日の 加賀妻ひろば で食べたあの味をもとめて……..。

抹茶にほうじ茶にココア…。ふわふわの生地にふわっと香るベースの味。

今日は何味にしようか?考えると楽しくなります。

しかし、夜焼き上げても型から外せるのは次の日の朝。

型から上手に綺麗に外す為には我慢が必要なのです。

綺麗に外せなければ、シフォンケーキと呼べない!?

まさに緊張の瞬間です!!

まだまだ反対にお金払って食べてもらうレベルですが(笑)

いつの日か 加賀妻ひろば のアウトレットコーナーにでも並べられるように

日々精進していく所存です。お楽しみに~。

 

IMG_8595IMG_8596

↑ このまま一晩冷まします!    ↑ 少しだけ上手く外せてご機嫌な私。

 

KEIKO

 

 

 

 

 

 

 

2017年05月31日(水)

耐震補強工事

耐震補強工事を検討したいのは主に「屋根」「壁」「基礎」「柱」です。

屋根:地震では重い屋根瓦が原因で多くの木造住宅が倒壊したといわれています。屋根の軽量化。軽くて強い屋根材に変更することで、地震の影響を軽減させることができます。

:昭和56年以前の住宅は垂直の柱と水平の梁・土台だけで構成されているため、左右の揺れに対し弱いといわれています。この弱点を克服するのが「耐力壁」への補強工事です。構造用合板と呼ばれる強靭な板を柱や土台に打ち付ける、あるいは柱と梁の間に筋交いを入れることで耐力壁を作ります。

:木造軸組工法の場合は、柱も重要な補強ポイント。先の震災では強烈な縦揺れによって柱が土台から飛び出してしまう「ほぞ抜け」が多発。こうした事態を防ぐには、耐震補強工事によって柱と土台、柱と梁などの接合部を金物で補強する必要があります。
また、長年の湿気による腐食やシロアリ被害によって柱の木材がボロボロに劣化している可能性も。その場合は劣化した部分を取り除いて新しい木材を継ぎ、両者を金物でしっかり固定します。併せて地面に防水シートを敷くなどの、湿気対策を施しておくと万全です。

基礎:昭和56年に導入された新耐震基準では「基礎は鉄筋コンクリート造とする」と定められていて、ある程度の耐震性が担保されています。問題はそれ以前に建てられた住宅。明確な規定がなかったために、なかには「石を置いただけの基礎」「鉄筋なしの脆弱なコンクリート基礎」などもあります。
建物全体を支える基礎がこれでは大地震から家を守ることはできません。鉄筋の入ったコンクリートで補強したり、床下地面にコンクリートを敷き詰めて耐震性を高めたりと、既存の基礎と連結して補強をします。また、基礎はしっかりしていても、そもそも地盤が軟弱であるなんてケースも考えられます。
基礎や外壁に亀裂が入っている場合、地盤のゆるさゆえに建物が不均一に沈む「不同沈下」が起こっている可能性も。その場合は、地盤の改良や建物下への杭打ち、リフトアップ工法などで補強する必要があります。

大地震から命を守る耐震補強工事、まず耐震診断をすることをおすすめ致します。

加賀妻英樹

2017年05月23日(火)

不安から喜びに!加賀妻ひろば♪

こんにちは。経理部の妹尾です。

先週末の土曜日に第1回加賀妻ひろばを無事開催することができました。

来ていただいた皆様楽しんでいただけたでしょうか?

今回特に告知という告知をいたしませんでしたが、開店と同時に沢山の

お客様にきていただき、本当にうれしかったです(涙)

企画当初は簡単に珈琲にパンと野菜にお花ぐらいの規模を考えていましたが、

最終的には飲食、ゲームコーナー、ワークショップなどなど・・・・。

何人来ていただけるのかなど、準備の当日まで不安と葛藤でいっぱい

でしたが、最終的には想像以上のお客様にお越しいただくことができたので、

途中から嬉しさと喜びの笑みでにやにやしていた変な女性は私です(笑)。

当日スタッフが少なく、至らない点も沢山あったとおもいます。

次回はそんな反省を生かして、第2回が開催できたらいいなぁと

秘かに目論んでおります。

 

IMG_8277 IMG_8273

↑ 珈琲とお花パン、ゲームコーナー!   ↑自称看板犬ハナコもお手伝い!(^^)!

 

楽しい一日でした。本当にありがとうございました。

 

KEIKO