facebook

木のぬくもりに包まれて、
自然とともに暮らす喜び。

見た目は小ぢんまりとしていますが、一歩中に入るとオープンで開放的な空間が広がる礒野さんの住まい。ふんだんに使われた無垢の木とご夫妻のセンスによって、落ち着きのある和モダンな雰囲気に仕上がっています。おふたりの暮らしを心地よく彩るのは、自然エネルギーを活用したOMソーラー。そのこだわりの家づくりについて、奥さまからお話を伺いました。

真冬も真夏もエアコンいらず

「エアコンに頼らない生活がしたかった」という礒野さんが、家を建てるにあたり注目したのがOMソーラーでした。局所だけをあたためるのではなく、太陽熱を床下に蓄熱し、床暖房で家全体を自然にあたためるというシステムに興味を覚えたといいます。「おかげさまで、エアコンはほとんど使うことがなくなりました。

冬、外から帰ってきて家があたたかいというのは本当に嬉しい。陽当たりがよくない1階もポカポカです」と奥さま。さらに嬉しかったのは、夏場の効果だったといいます。OMソーラーの吹出し口から涼しい風が出てきて、猛暑の時期もエアコンいらず。水まわりの湿気も抑えてくれるそうです。「『真夏でも涼しい』とは聞いていましたが、まさかと思って信じていなかったのでビックリ(笑)。太陽熱で給湯できるから、夏場はお風呂を焚くこともなくなりました」。

土地探しからタッグを組んで

OMソーラーの施工会社を探して、加賀妻工務店に辿り着いたご夫妻。無垢の木の住まいを建てたかったおふたりは、加賀妻工務店の家づくりに共感し、他社を検討することなく決めたといいます。そのスタートは土地探しからでした。良さそうな物件を見つけると、すぐに加賀妻に相談。「その度に社長が足を運んでくださったのですが、『この土地はOMソーラーを活かせないよ』『地盤があまりよくないね』と何度もダメ出しをもらうことに(笑)。でも、素人目にはわからないのでとても助かりましたね」。4度目の正直で見つけた物件は、社長も「ここなら大丈夫」と太鼓判。そうして、礒野さんの「楽しくて楽しくてしょうがなかった!」というバラ色の家づくりが始まりました。

ログハウスのような木の住まいを

 
「決して広い家ではないので、廊下などの無駄なスペースはいらない」というご夫妻の希望から、1階は寝室と水まわり、2階はLDKのみ、というシンプルさ。仕切りのないオープンな空間は、面積以上の開放感が漂います。床だけでなく壁にも無垢の木をふんだんに使った住まいは、まるで自然の中のログハウスのよう。広々とした2階のバルコニーでは、BBQなどの食事を楽しむほか、お風呂上がりに夕涼みをしたり、ブランケットを広げて月見をしたりと、風流に活用しているそうです。「イメージしていた以上の家ができて、本当に満足しています。加賀妻さんは『できません』とは言わないので、こちらも希望を言いたい放題(笑)。かなり細かいところまで口を出させていただきましたが、すべて叶えてくださいました。それもプロの技術があってこそですよね」。


住まいのギャラリー



●取材・撮影 有限会社さくらがおか

pagetop